PRIMEPORT

PRIMEPORT

大阪府豊中市|これまでの経験からご依頼者様の不安を取り除き、地域に根差した法律事務所へ【えびす法律事務所】 (大阪府豊中市 × 大阪府豊中市新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル12階)

大阪府豊中市|これまでの経験からご依頼者様の不安を取り除き、地域に根差した法律事務所へ【えびす法律事務所】

えびす法律事務所

西村 宏 弁護士

弁護士

生まれ育った豊中市で親しみのある法律事務所を開設【えびす法律事務所】

インタビュアー: 事業内容をお願いいたします。

西村 宏 弁護士:大阪府豊中市で法律事務所を開設いたしました。
取り扱い業務は、離婚、相続、交通事故、債務整理などの個人の方からのご依頼と、労働問題、債権回収、契約などの中小企業を中心とした企業法務全般です。

インタビュアー:司法試験合格後、なぜ弁護士を選ばれたのですか?

西村 宏 弁護士:京都大学法学部に合格した際に、せっかく法学部に入ったのであれば司法試験に合格しようと思いました。
司法試験合格後、弁護士・裁判長・検査官の3つの選択肢があるのですが、裁判官と検査官は公務員で、組織の中で行動しなくてはいけません。
ですが、弁護士はそうではなく、自由に活動できるため、性に合っていると思い弁護士を選びました。

インタビュアー:なぜ豊中市で弁護士事務所を開設されたのですか?

西村 宏 弁護士:弁護士になった当初から、いずれは自分の事務所を持ち、開業しようと思っていました。
そして豊中市は、地元で子供の頃から慣れ親しんだ地なので、土地勘もありますし、お世話になった地域の皆様へ恩返しがしたいという強い思いがありましたので、豊中市に弁護士事務所を開設しました。

ご依頼者様の心に寄り添い、気軽に相談できる環境を

インタビュアー:弁護士になる前と弁護士になってからの、苦労の違いはありますか?

西村 宏 弁護士:弁護士になる前となってからの苦労は、質が違うと思います。

まず弁護士になる前は、司法試験合格するための勉強に苦労します。
覚えることが膨大なので大変ですが、やるべきことは限られているため、ひたすら勉強だけすればよいという意味では楽です。

弁護士になった後は、適切な解決方法を模索することで苦労します。
同じ法律を適用すべきトラブルであっても、ご依頼者様によって要望や考え方が様々ですので、法律を理論どおりに適用するだけでご依頼者様が満足する解決が得られるわけではありません。
また、ご依頼者様からこうしたいという明確なご要望があったとしても、法律的にどうしてもできない場合もあります。
ご依頼者様のご要望によって、どのような解決方法が最適か、常に研究、模索する必要があります。

インタビュアー:1日何件くらいの案件をこなしてるのですか?

西村 宏 弁護士:ご依頼者様とお会いして、お話するのは平均1日、1~2人です。
裁判は平均週3件程度です。
その他の時間は書面を作成したり、電話やメールの対応をしていますので、1日に携わる案件は平均5~6件かと思います。

インタビュアー:今までこなしてきた案件の中で印象に残っている案件はありますか?

西村 宏 弁護士:交通事故の案件で印象に残っているものがあります。
被害者の方の代理人を担当したのですが、その方は比較的重い後遺障害※が残っているように見受けられましたが、当初保険会社から提示された賠償額は約200万円でした。
ですが、自賠責保険の後遺障害等級認定に異議申立をした結果、適正な後遺障害認定を受けることができ、最終的には約3000万円の賠償金を獲得することができ、ご依頼者様にも非常に喜んでいただけました。

他に、遺産分割の案件でも印象深いものがあります。
親御さんの相続について御兄弟で揉めていたのですが、私が担当したご依頼者様は非常に精神的に不安定になっておられ、遺産分割の結果如何ではご自身を傷つけかねない状態でした。
そのようなことがないよう粘り強く調停※を重ねた結果、ご依頼者様にもご納得いただき、「先生は命の恩人です。」とまで仰っていただけました。

杓子定規※に仕事をすると、ご依頼者様の人生には寄り添えないと思います。
ご依頼者様の声に真摯に耳を傾けることでご依頼者様に喜ばれる解決ができるのだと思っています。

※後遺障害(交通事故などが原因となって残ってしまう治療しても治らない障害のこと
例:交通事故によるむち打ちが原因で手の痺れが残ってしまった)
※調停(裁判所が当事者の間に入ることによって、紛争の解決を図ること
例:金銭の貸借や離婚、相続をめぐる紛争)
※杓子定規(一つの見方でしか物事を見ないこと)

インタビュアー:ご依頼者様と向き合う上で大切にされていることはありますか?

西村 宏 弁護士:そうですね。
当然の事なのかもしれませんが、"決めてかからず、まずはお話をよく聞くこと"を大切にしています。

ご依頼者様から、「こういったことで被害を被った」「自分は被害者で、加害者が100%悪いんだ」といったご相談をされることもあります。
ですが、ご依頼者様の事情を伺って、証拠と照らし合わせると、加害者の方が100%悪いとも言い切れないこともあります。

なので、ご依頼者様のお話を良く聞き、証拠と照らし合わせ、事実はどうなのかを究明しています。

理想の弁護士像を目指して

インタビュアー:西村様が考える今後の理想像をお伺いできますか?

西村 宏 弁護士:理想で言ったら、ご依頼者様のどんなご相談でも適切な回答を即座に出来る弁護士になりたいです。

正直、取り扱う分野も広いですし、一つひとつの分野の奥が深いので、難しいかもしれません。
各分野の専門書は分厚く、企業案件でしたらその業種ごとの慣習なども知らなくてはなりません。

私の理想は難しいですが、少しでも知識を付け、ご依頼者様のお悩みに寄り添い、適切な回答を即座に出来る弁護士を目指していきたいです。

インタビュアー:最後に地域の皆様にメッセージをお願いします。

西村 宏 弁護士:弁護士という職は法廷ドラマに出てくるようなイメージで、なかなか馴染みのない職だと思います。
その為、敷居が高いと思われがちですが、実際はそんなことはありません。
多くのご依頼者様が「弁護士さんは初めてなんですが」と緊張してお電話をしてこられますが、一度ご相談を伺うと、大抵の方は「気が楽になった」といって帰っていかれます。
何かお困り事がありましたら、遠慮なくご相談いただきたいと思います。
皆様のお力になれますよう、力を尽くします。

お悩みやお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。
皆様のお問い合わせ、お待ちしております。

data 店舗情報

外観
店名
えびす法律事務所
カテゴリ(業種)
弁護士
住所
大阪府豊中市新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル12階
電話番号
06-6155-0077
営業時間
平日 9:30~18:30
アクセス
北大阪急行千里中央駅南改札口から徒歩5分 / 大阪モノレール千里中央駅改札口から徒歩1分

担当したメンバー

渡邊

渡邊

watanabe

大学卒業後、ゴルフ好きが高じてゴルフウェアの接客販売を2年半経験しました。
接客販売の経験から人とコミュニケーションを取ることが好きであると気づき、インタビュアーの道を志し現在に至ります。
現在は株式会社トリニアスにて、マーケティングライターとしても活動しております。
代表者様からお伺いしたお話の中から背景をたどり、店舗様のストーリーや魅力を最大限に伝えるお手伝いをさせていただきたいと考えています。
読者にストーリーが伝わる文章の作成を心掛けています。皆様とお話しできる日を心より楽しみにしております。

担当可能なサービス

  • インタビュアー
  • ライター
  • 全地域
  • 全業種
pagetop