PRIMEPORT

PRIMEPORT

すべての患者様が受けたいと思う適切な治療を提供します!大阪府大阪市【ところデンタルクリニック】 (大阪府大阪市 × 健康)

すべての患者様が受けたいと思う適切な治療を提供します!大阪府大阪市【ところデンタルクリニック】

ところデンタルクリニック

所 篤司 院長

歯科医院

天然の歯を守る患者様の駆け込み寺

インタビュアー: 現在の事業内容をお願いします。

所 篤司 院長:大阪府の阿倍野区で地域密着型の歯科医院を運営しています。
専門分野は歯の移植でして、他院で「治らない」「治せない」「歯を抜かなくてはならない」と言われた方々の駆け込み寺のような役割をしていますね。

インタビュアー:なぜ所院長は、歯科医師を目指されたのですか?

所 篤司 院長:そうですね。
人のために役立つ医療に携わりたいとずっと思っていまして、最初は歯科医師ではなく、医科を目指していました。
ですが、改めて「自分は将来どのようなことをしたいのか」ということを考えたときに、
医療に携わり、人の役に立ちたい、そして自分の強みである”手先の器用さ”を活かしたいと考え、歯科医師を志しました。
歯科医師を志してからは、自分自身が受けたいと思う治療を提供できる医師になるために、専門的知識や技術を学びました。

インタビュアー:大阪市阿倍野区で開業された理由をお伺いできますか?

所 篤司 院長:はい。まず歯学部に合格した時点で、「将来は実家の一階に開業しよう」と思っていました。
元々、デザイナーだった父が一階を拠点にして活動していたのですが、廃業してからずっと空きスペースとなっており、そこを有効活用したいと考えていました。
ですので、どのような患者様がご来院してくださっても治せるくらいの知識や経験、また自信も付いたタイミングで、「ここで開業しよう」とずっと考えていたこの地に開業しました。

歯医者さんだけど歯医者さんではないような安心感

インタビュアー:開業する際にこだわったことはありますか?

所 篤司 院長:こだわったことは患者様に対して安心してご利用いただけるバリアフリー設計であり、歯医者さんに通うのが苦手な方にも来てもらいやすい雰囲気にしたところです。
美容院やカフェのような外観で「ここ歯医者さんなの?」と言われることが多いですね。

また歯医者さんと言うと皆さん、「独特なニオイが苦手」「音が怖い」「治療が痛い」などのネガティブなイメージを持っている方がほとんどだと思うので、ネガティブなイメージをなくすための設計をしています。

またプライバシーを重視した個室を2部屋と一般的なブースを2部屋ご用意しています。
患者様一人ひとりが不快な思いをされないように、意識しました。
こういったこだわりを持っているためか、患者様からよく「通いやすい」「歯医者さんっぽくないから来ました」と言われますね。

インタビュアー:どのような方がご来院してくださっていますか?

所 篤司 院長:そうですね。
「地域の方々」だけでなく、「自分の歯を残して欲しいという思いが強い方が時間やお金に関係なく全国各地から」ご来院してくださっていますね。
当院は自家歯牙移植という歯の移植も行っています。
自家歯牙移植とは何らかの理由で歯を失ってしまった際に、親知らずなどのあまり必要のない歯を失った箇所に移植することがです。自家歯牙移植はインプラントよりも安全で、周囲の歯にあまり負担をかけずに治療ができます。
色々な歯科医院で、「歯を抜かざるをえない」「治療出来ない」と言われてしまった方々に、ご満足頂ける治療を心掛けてます。

また「痛みをなくしてくれたらいいよ!」「治してくれればいいよ!」といった感じではなく、患者様に寄り添い、その方に一番適した治療を提供しています。
そのため全国から様々な方がご来院してくださり、一番多いのが30~40代の女性ですね。あとは同業者の方や医療関係の方々もご来院してくださっています。

インタビュアー:院内の雰囲気を教えて下さい。

所 篤司 院長:そうですね。
患者様が通いやすいような、アットホームで和気あいあいな雰囲気だと思います。
患者様がドクターやスタッフに話しかけやすいことはもちろんですが、スタッフとドクター間も話しやすい環境なのではないかなと思いますね。

インタビュアー:患者様が安心して治療を受けて貰えるように心がけていることはありますか?

所 篤司 院長:患者様のお話をよく聞き、コミュニケーションをとることを心がけています。

例えば、患者様に治療前に検査を受けて頂き、写真やレントゲン、検査数値などの目に見えるデータから現状を分かりやすく伝えるようにしていたり、「ここがこうなっているから、こうする治療を進めていきます」「こういう流れで治療を進めて良いですか?」などと患者様に選択肢を与えるなど、患者様と一緒に治療方法を選び、一緒に治療を進めていくことを心がけています。

歯医者さんのネガティブなイメージをなくしたい

インタビュアー:歯科医師の将来性や重要性について考えがありましたら教えていただけますか?

所 篤司 院長:そうですね。
人は生きていくうえで、食事は欠かせないものです。
なので歯科医師は人の健康に携わる窓口のような存在だと思っています。

歯に痛みを感じてから歯医者さんに行くのではなく、痛みを感じる前に歯医者さんに行き、”早期発見・早期治療・早期ケア”が出来るようになるために、患者様にとって今よりも身近でフレンドリーな歯医者さんになることが必要だと思っています。
それは当院に関わらず、どこの歯医者さんも同じです。
私と同じような考え方の歯医者さんが増えると、歯医者さんに対するイヤなイメージがなくなるかなと。

インタビュアー:最後に読者の方々にメッセージをお願いいたします。

所 篤司 院長:ごはんを食べたり、家族とおしゃべりしたり、友人と笑いあったりと様々な場面でご自身の歯は欠かせません。
ご自身の歯を大切にして頂くために、当院に関わらず、ご自身に合った歯医者さんを見つけていただきたいと思います。
ご自身に本当に適した歯医者さんの治療を受けることで、かけがえのないご自身の歯を守ることできます。
ちゃんと説明をしてくれて、ご自身の歯を一生懸命守ってくれる歯医者さんを諦めずに探していただけたらと思います。

当院は身近な歯医者さんを目指しております。
何かお口の健康に関することでお困りなことがありましたら、お気軽にご連絡して頂き、ご活用して頂けると嬉しいです。

data 店舗情報

外観
店名
ところデンタルクリニック
カテゴリ(業種)
歯科医院
住所
大阪府大阪市阿倍野区阪南町1丁目8-4
電話番号
066-627-4618
営業時間
月~金 8:30~19:00 / 土 8:30~16:30
アクセス
バス停 阿倍野筋4丁目 徒歩5分

担当したメンバー

渡邊

渡邊

watanabe

大学卒業後、ゴルフ好きが高じてゴルフウェアの接客販売を2年半経験しました。
接客販売の経験から人とコミュニケーションを取ることが好きであると気づき、インタビュアーの道を志し現在に至ります。
現在は株式会社トリニアスにて、マーケティングライターとしても活動しております。
代表者様からお伺いしたお話の中から背景をたどり、店舗様のストーリーや魅力を最大限に伝えるお手伝いをさせていただきたいと考えています。
読者にストーリーが伝わる文章の作成を心掛けています。皆様とお話しできる日を心より楽しみにしております。

担当可能なサービス

  • インタビュアー
  • ライター
  • 全地域
  • 全業種
pagetop