PRIMEPORT

PRIMEPORT

兵庫県西宮市【リブラ甲子園口】 「会員者様のご成婚報告が何より嬉しいです」 (兵庫県西宮市 × 縁結び)

兵庫県西宮市【リブラ甲子園口】 「会員者様のご成婚報告が何より嬉しいです」

リブラ甲子園口

橋本 朗代表

結婚相談所

一人一人の意志を尊重した活動を【リブラ甲子園口】

インタビュアー: 事業内容を教えてください。

橋本 朗代表:兵庫県西宮市で、結婚相談所を運営しておりまして、結婚を真剣に考えている方々のサポートをしています。

インタビュアー:なぜ、結婚相談所を始められたのですか?

橋本 朗代表:そうですね。
何か若い人たちの力になれたらなと思い、始めました。
今は昔みたいに、結婚を後押しするお節介な仲人の存在がいないなと。
それがないから結婚を意識をする人が少ないのかなと思っています。
結婚相談所は人との繋がりの素晴らしさを伝え、少子化対策にも貢献できる素晴らしい職業と思っていますね。

インタビュアー:どのような方がリブラ甲子園口様をご利用されていますか?

橋本 朗代表:元々、他の結婚相談所に登録されていた方が多い気がしますね。
やっぱり婚活を進めて行くにあたり、カウンセラーとの相性も大切ですからね。
他の結婚相談所に登録されていた方々のお話を聞くと、熱心に活動をするように急かすところがあるみたいです。
例えば、最低でも30人の異性とお見合いをして、その内の10人と仮交際をするようになどと促すみたいです。
そうすると登録者様は結婚相談所での活動が辛くなってしまい、活動自体を辞めてしまいます。
私はそういったことをせずに、会員者様とお話をし、その方の意志に寄り添って結婚までのサポートをしています。

素敵なパートナー探しのお手伝いを

インタビュアー:結婚相談所を初めて「よかったな」と思う時はどんな時ですか?

橋本 朗代表:やっぱり会員者様がご成婚された時が一番がこの仕事をしていてよかったなと思いますね。

以前、リブラ甲子園口を登録してくださっていた40代の女性会員様がいらっしゃいまして、その方のお相手も同じく40代男性でした。
男性会員様は海外赴任されていたので、「zoomでお相手の男性と顔合わせをしてみましょう」と女性会員様に提案したのですが、女性会員様はzoomでの顔合わせにすごい抵抗を感じていらっしゃいました。
しかしコロナの関係もあり、なかなか帰国する事ができないので、「一度試しに、zoomでお相手と顔合わせをしてみましょうか」と促し、顔合わせをして頂きました。
zoomでの顔合わせ後、女性会員様が「今まで付き合ってきた男性以上にすごい意気投合した」と仰っており、仮交際がスタートしました。
その後、真剣交際をするか悩まれていた時に、女性会員様が「この人以上の人はいないと思います」と仰ったのです。
zoomでの顔合わせを何度も重ねていき、最終的に一度も直接お会いする事なくご成婚し、退会されました。
なかなかこのご時世で男性会員様の帰国が出来ずにいますが、本人たちの意識が変わらない限り、パートナーとしてこれから先一緒にやっていけると思っています。
女性会員様が嬉しそうに男性会員様のお話をしてくださる姿を見ると、この仕事をやっていてよかったなと心の底から思いますね。

インタビュアー:素敵なエピソードですね。 では結婚相談所での活動がうまくいくコツはありますか?

橋本 朗代表:そうですね。
あまりご自身で決めつけないことが結婚相談所での活動がうまくいくコツだと思いますね。
自分流を貫いてしまうとカウンセラーに頼らず、ご自身の考えや経験を基に活動を進めてしまいがちです。
そうではなくて、カウンセラーとお話をして、意思疎通して欲しいですね。
カウンセラーと意思疎通ができないと、本来ご縁があったであろう方との縁を逃してしまう可能性があるんです。
自分流を貫いて、お相手に何か違和感があるとすぐに「ダメ!」としてしまうのではなく、カウンセラーと話をして何が違和感の原因なのかを知る事も大切ですね。

インタビュアー:コロナ禍での成婚数は変わってきていますか?

橋本 朗代表:実はIBJ※の登録者数が、コロナが日本で広まり出した頃と比較すると増えているのです。
それに伴って、成婚数も増えていますね。
おそらく、リモートでお仕事をしている人が多いせいか、自分の将来を考える人が増えたからなのかなと思っていますね。
IBJは日本全国の登録者様がいて、遠方の方でもzoomを通して面談をすることが可能なので、さまざまな方とのご縁があり、成婚数が増えたのかなと思っていますね。
※IBJ:日本結婚相談所連盟

インタビュアー:結婚相談所の将来性をどのようにお考えですか?

橋本 朗代表:そうですね。
マッチングアプリや婚活パーティーなど出会いの場が増えていると思いますが、いざ結婚となると時間がかかると思います。
それはマッチングアプリや婚活パーティーに登録されている方々は、結婚を目的としているかが分からないからです。
結婚相談所に登録している方々は、結婚する事が目的なので、スピードが速いです。
そして、年齢や職業、収入などあらかじめ知ることが出来るので、安心して活動して頂けます。
私は昔に比べると、自分以外の人に対して関心を持っている人が少ないと思っています。
だから、お見合いやお付き合いをされて上手くいっても、どにように進めたらいいのか、分からない人が多いのです。
そのどうやって進めていったらいいのかを伝えることが、結婚相談所の重要な役割であり、AIには敵わない点だと思っています。

未来の会員者様のために

インタビュアー:リブラ甲子園口様の今後のビジョンを教えていただけますか?

橋本 朗代表:一番は結婚を考える方々を増やしていけたらなと思っていまね。
そのためには今何をすべきなのかを考えています。
現段階では、パーソナルカラー診断の勉強をして、会員者様を魅力的に見せるお手伝いが出来たらなと考えています。

インタビュアー:今後ご縁があるであろう方々へメッセージをお願いいたします。

橋本 朗代表:そうですね。
2021年5月末時点でIBJに登録している方の男女比が4:6と女性の方が登録されています。
なので、30〜40代の結婚を考えている男性はまたとない機会です。
実際にリブラ子甲子園口に登録された44歳の会社員の男性会員者様は、登録されてから1カ月半で、65名の女性から顔合わせのお申し込みがありました。
このように結婚を真剣に考えている方は、私と一緒に素敵なパートナー探しが出来たらと考えています。
なので、お気軽に結婚や将来に関してご相談して頂けたらと思います。
皆様にお会いできるのを心より楽しみにしております。

data 店舗情報

外観
店名
リブラ甲子園口
カテゴリ(業種)
結婚相談所
住所
兵庫県西宮市甲子園口2丁目5−2 アーバニー甲子園 201号
電話番号
079-877-2101
営業時間
10:00~20:00 ※定休日:毎週火曜日
アクセス
JR甲子園口南出口徒歩 2分

担当したメンバー

渡邊

渡邊

watanabe

大学卒業後、ゴルフ好きが高じてゴルフウェアの接客販売を2年半経験しました。
接客販売の経験から人とコミュニケーションを取ることが好きであると気づき、インタビュアーの道を志し現在に至ります。
現在は株式会社トリニアスにて、マーケティングライターとしても活動しております。
代表者様からお伺いしたお話の中から背景をたどり、店舗様のストーリーや魅力を最大限に伝えるお手伝いをさせていただきたいと考えています。
読者にストーリーが伝わる文章の作成を心掛けています。皆様とお話しできる日を心より楽しみにしております。

担当可能なサービス

  • インタビュアー
  • ライター
  • 全地域
  • 全業種
pagetop