PRIMEPORT

PRIMEPORT

目指すは歯科医院のネガティブなイメージを払拭!口腔内の大切さを発信!|栃木県佐野市【植木歯科医院】 (栃木県佐野市 × 健康)

目指すは歯科医院のネガティブなイメージを払拭!口腔内の大切さを発信!|栃木県佐野市【植木歯科医院】

植木歯科医院

植木 克昌院長

歯科医院

可能な限り患者様の歯を残す治療の提供

インタビュアー: 事業内容をお願いします。

植木 克昌院長:栃木県佐野市で歯科医院を運営しています。
一般歯科や矯正歯科、審美歯科といった様々な口腔内に関するお悩みを解決しています。
また数ある治療の中で最も注力している治療は、予防歯科になります。

インタビュアー:なぜ歯科医師になられたのですか?

植木 克昌院長:そうですね。
父が歯科医師をしてまして、子どもながら大きくなったら父の歯科医院を継ぎ、歯科医師になろうと思っていましたね。
歯科医師は虫歯の治療だけではなく、外科的なインプラントオペや歯周病に対するオペ、歯周病の予防治療など幅広い業務があります。また最近では、歯周病菌は全身疾患に関連するとも言われております。
このように歯科医師は様々な業務があり、たくさんの方の健康に役に立てていると実感できる機会がとても多いです。
人の役に立ちたいという意識が強い私にとって、歯科医師は天職だなと思っています。

インタビュアー:治療方針に関する先生の考えをお聞きできますか?

植木 克昌院長:栃木県佐野市民の年齢層が高いこともあり、当院で良い義歯を提供できるよう努めてきました。
現在も良い義歯を提供することを心掛けていますが、今はそれ以前に”患者様の歯を残すこと”を最も大切にしています。

“どうやったら患者様の歯を残せるのか”を勉強するために、積極的に勉強会やセミナーに参加し、知識を得ています。
セミナーに参加することで、様々な治療法や知識をインプットでき、患者様一人ひとりに適した治療法をご提案できるようになりました。
なので今は知識が増えたこともあり、再生治療や歯周外科治療など様々な治療から患者様の歯を残す考え方に変わりました。

患者様が納得していただける治療の選択肢を増加

インタビュアー:天然の歯はなぜ大切なのですか?

植木 克昌院長:そうですね。
現代は歯科医療も進んでいるので、天然の歯に限りなく近い状態に戻すことが可能です。
ですが、「咀嚼能率」という一定回数の咀嚼でどれだけ効率よく出来るかどうかの指標でみると、インプラントやブリッジ、入れ歯は天然の歯に勝てないのです。
天然の歯同士での咀嚼を咀嚼能率100%だとすると、入れ歯が40%、左右の歯を削って繋げる治療のブリッジが50~60%、
顎骨に人工歯根を埋め込む高価なインプラントが80%と、どんなにお金をかけても天然の歯には及ばないのです。

また例えばですが、今当たり前に使っている指や足、内臓が無くなったら生活が大変になりそうじゃないですか?
歯も同じで、無くなったら意外と大変なのです。被せものやインプラントなどの治療はありますが、結局は「補う」だけで咀嚼能率も天然の歯には勝てないので、天然の歯はとても大切だと考えています。

インタビュアー:治療を提供する上での先生のモットーをお聞きできますか?

植木 克昌院長:モットーであり目標になってしまうのですが、"患者様の歯をどのくらい残すことができるか"に重きを置いています。

「自分に知識や技術があったら、患者様の歯を残すことができたのに...」といった後悔はしなくはありません。
なので日々、口腔内に関する知識や技術などの勉強をし、患者様の天然の歯1本1本を守る治療の選択肢を増やす尽力をしています。
ご自身の歯は一生ものです。
どんな患者さんがご来院してくださっても、「これならこういった治療でご自身の歯を残すことができますよ」といった治療や技術の幅を増やすことが私のモットーであり目標です。

インタビュアー:印象に残っている患者様とのエピソードはありますか?

植木 克昌院長:私が研修医を終えて数年が経った頃に施術した50代女性の患者様が特に印象に残っていますね。

その患者様の前歯はすでに保存できない状態まで放置して来院されたため、治療計画として抜歯後に義歯を提案させていただきました。
抜歯が終わったタイミングで患者様が「鏡で見たい」と仰ったので「見てもいいことないですよ」と言いながら鏡を貸しました。
その患者様は、覚悟はしていたものの、実際に今の自分の口元を見て泣いてしまいました。

その姿を見て、もっともっと早くこの患者様と出会えていたら、天然の歯の重要性を伝えられて別の人生を歩んでいただろうな...ととても悔しく、残念に思いました。

その患者様にとってはこのタイミングが、天然の歯の重要性を知るターニングポイントだったのかもしれません。
この経験をしたからなのか、それ以降、定期的に健診を受けてくださるようになりました。

私もこの患者様の治療で「もっと私の治療の幅が広かったらこのような結果になっていなかったかもしれない。もっともっと知識や技術をつけなくては。」と思い、学び続けることの大切さを身をもって体験できました。
とても歯がゆい経験ではありますが、学びをくださったこの患者様はとても印象に残っていますね。

インタビュアー:植木歯科医院様のこれからの目標をお伺いできますか?

植木 克昌院長:健康的な生活を送るには「口腔内の環境をきれいに保つことが大切である」ということを患者様に伝えることが目標ですね。

年齢を重ねれば重ねるほど、消化器官の周りの筋肉の衰えから食べ物を飲み込みづらくなり、歯周病菌が肺へ行き、誤嚥性肺炎に掛かってしまう確率が高くなります。
消化器官の筋肉が衰えると本来、食道に入るべき食べ物が気管支に入ってしまい、嚥下機能が低下します。
そうすることで歯周病菌が肺に行ってしまい、誤嚥性肺炎にかかりやすくなります。

またご自身の歯で食べ物を嚙めるか嚙めないかで、認知症の進行スピードが変わるとも言われています。
ご自身の歯で噛むことができると、脳が活発的に働き、記憶力や判断力、集中力などが高まります。
つまり、口からの刺激が認知症予防に大きく影響を及ぼします。

定期検診の大切さを伝えて、1本1本の歯を長くもたせる事で、患者さんが生涯寿命ではなくて、健康寿命を伸ばすことが出来るかが目標ですね。

最先端で受けられる治療を栃木県佐野市で

インタビュアー:植木歯科医院様ならではの”強み”をお聞きできますか?

植木 克昌院長:そうですね。
設備が整っているので治療の幅が広い点が当院の強みですね。

まず治療の幅に関しては、再生療法や歯周外科治療など様々な勉強をし、患者様一人ひとりに適した治療を提供出来るように日々勉強し、治療の幅を広げています。

例えばインプラント治療一つにおいてもサージカルガイド※を使用した手術などの治療法があります。
また当院ではCTレントゲンも完備しており、そのデータを基にサージカルガイドを製作することで正確な位置にインプラントを埋入することができ、さらには事前審査を十分に行えることから無駄に歯肉をメスで切ることもないため患者様の負担が少なく済みます。要するに痛くないということです。

当院はどんな患者様がご来院してくださっても、満足頂ける機械、器具、それと知識が揃っていると思います。

※サージカルガイド(インプラントを埋入する正確な位置を把握するための道具)

インタビュアー:ありがとうございます。最後に読者の方々にメッセージをお願いします。

植木 克昌院長:やっぱり、歯医者さんって「怖い」「痛い」といったようなネガティブなイメージを持っている方が非常に多いです。
痛みを我慢し続けると最悪の場合、大切なご自身の歯を失ってしまう可能性があります。
ですので、「痛い」となる前にまずは勇気を振り絞って歯医者さんに足を運んで頂き、現状を知ることが大切です。
口腔内環境に特に問題が無ければ、定期的な口腔ケアだけで歯を失うことなく、一生を過ごせる可能性があります。
なので、「痛くなってから歯医者さんへ行こう」ではなくてその前に、定期的にご自身が安心できると思った歯医者さんへ足を運んで頂き、ご自身の歯の健康状態を知って頂けたらと思います。

当院も患者様一人ひとりに適した治療を提供することを心掛けておりますので、怖がらず何か口腔内に関するお悩みがありましたらお気軽にご連絡して頂けたらと思います。

data 店舗情報

外観
店名
植木歯科医院
カテゴリ(業種)
歯科医院
住所
栃木県佐野市植上町1539-2
電話番号
0283-24-1181
営業時間
月火水木金 9:30~12:30 14:30~19:00 / 土 9:30~12:30 14:30~18:00
アクセス
「佐野医師会病院」停留所 徒歩7分

担当したメンバー

渡邊

渡邊

watanabe

大学卒業後、ゴルフ好きが高じてゴルフウェアの接客販売を2年半経験しました。
接客販売の経験から人とコミュニケーションを取ることが好きであると気づき、インタビュアーの道を志し現在に至ります。
現在は株式会社トリニアスにて、マーケティングライターとしても活動しております。
代表者様からお伺いしたお話の中から背景をたどり、店舗様のストーリーや魅力を最大限に伝えるお手伝いをさせていただきたいと考えています。
読者にストーリーが伝わる文章の作成を心掛けています。皆様とお話しできる日を心より楽しみにしております。

担当可能なサービス

  • インタビュアー
  • ライター
  • 全地域
  • 全業種
pagetop